結婚相手は新郎が戻ってきて何も話さなくなったのを見て

花嫁のさん今度こそ私を見つけるのですか。


さらに、悠人がここにいなくても、葵の反応では、男を認識できませんでしたが、女を悠人として認識しました。彼女は悠人を見たとき、彼女はまだ悠人を認識しないだろう!そうではありません、女に単純な心を慰めさせましょう。少なくとも拓真を以前の狂気に陥らせるよりもはるかに優れています!男の計画を理解した後、女は男にうなずき、そして葵を見て葵に向きを変え、彼の顔は微笑んだ。
「すみません、この間は忙しすぎるものがあるので、今すぐ会いに来ます。あなたは私に腹を立てたくないのです!」

「さて、それで私はあなたを許します、しかし私は将来これをすることができません。あなたは毎日私と一緒に来なければなりません!」

「さて、私は毎日あなたと一緒に来るでしょう!」

たとえそれがジェーンが彼女に毎日来るように頼んだと確信していなかったとしても、ジェーン愛梨にうなずいて、彼女は彼女の人生の残りのためにここに居続けるでしょう。女がまだ彼の心に疑問を抱いているのはそれだけです。葵は女を悠人と認識しましたが、その後、悠人が登場したとき、葵はどのような反応を示すのでしょうか。
「医者、今私の母の状況はどうなっていますか、なぜそのような反応があるのですか」
女が葵に訴えたとき、男はすぐに医者、女と拓真にお互いに付き合うように呼びかけました、そして医者は目を見て、そして睡眠を説得するために単純な心の賞賛でその後、医者はジェーンの包括的な検査を続けました。今、検査の結果が出ている、男と女は尋ねるために医院に行きました。
男と女を受け取る責任があるのは、おそらく彼がこの療養所の医者になっていたためか、おそらくすでに結婚相手がすでにそれを説明していたためか、まだ元結婚相手の.結婚相手のです。少なくとも彼女は長い間狂気の状態にならないでしょうし、彼女をなだめることができる人々がいますこれは私たちにとって少し驚きです。しかし、あなたは私の妻の体調が毎日良くなっていることを安心して安心できます、私はそれが将来もっと良くなると信じています!徐博士は話をしていて、彼の目は次第に女に向かっていましたが、彼は葵の心ではなく、単なる心のこもった男ではなく、女がこれまで知らなかったような単純な心をなだめることを期待しませんでした。義理の娘、これは本当に素晴らしいです!

 

結婚式で食べた5000万の損失が十分ではないと思いますか?

女は結婚相手の博士の視線に気づき、また結婚相手の博士の好奇心を見ましたが、結局、このような状況を見ている人は誰でも、私の心の一部が少し興味津々になるのではないかと思います。
「私の母、徐先生は私を彼女の青春の友達として認めました。あの人は私の母です。多分それは私の母と私が少し似ているので、私の母はそれを認めるでしょう!」
この発見が医師に役立つかどうかを考えるだけで、医師が誤解することはないので、私は結婚相手の博士に直接説明します。
ああ?こんなことがわかった
女の言葉を聞いて、結婚相手の博士は彼の顔にいくつかの驚きを持っているように見えて、それからそれについて考えているようでした。

「そうであれば、それは良いことです。少なくとも私の妻はまだ彼女が若い頃に何が起こったのかを覚えています。私はあなたがあなたのお母さんもここに来るようにさせてください。なんという反応だ」
女はうなずいた。
「私達は既にこれについて考えています。私の母は最近来ます。私達にする必要がある何かがあれば、そして私は悩みます!」
医者がどんな種類の要求をすることができるかにかかわらず、どんな種類のリハビリテーションの可能性もあります、彼らがそれをすることができる限り、女は彼女がまだ悠人であるかどうか、彼女は間違いなくそれをすると思います!


2つの小さな始まりはどうですか?

私は拓真がすでに目を覚ましていると聞きましたが、悠人がまだ他の何かを担当していたところはどこでも、彼は直接自宅から療養所にやって来ました。幸いなことに、この作品はすでに準備されており、私はすでに悠人の平和化を受けていますが、ここに来たときに心に負担はないと感じています。

「ああ、私の心、彼女はどのように進んでいるのか、私は彼女が目を覚ましたと聞きましたか?」
最初の日に悠人が女を見たとき、彼は興奮して尋ね始め、葵はそれほど早く目が覚めるとは思っていませんでした。
「お母さん、心配しないでください。母は昨夜目を覚ましました、しかし状態は特によくありません、陽翔さえそれを認識することができません!」
女が、悠人の顔はすぐに少し心配になると言ったと聞きました彼女はよく知っている子供をもう1人持っていました、母親の心の中で、子供は彼自身の心です、そしてジェーンの息子は彼の息子さえ認識します出てきて彼女に会うのは本当に悪い。

でも……

でも何?
女の次の音を聞くと、悠人はすぐに再び興奮しました、女のトーン、明らかに転換点があります、転換点があります!女は、悠人の緊張した外観を見て、笑顔と笑顔だけでは解決できなかったので、悠人の満足のいく表情を見たことはめったにありませんでした。彼女の目の前で、彼女はいつも落ち着いて自信を持って見えることができます!

あなたの両親はこれ以上何も言わないでしょう。

「お母さん、自分のせいではありません。さて、これは私たちがやろうとしていることではありません。母が知っているなら、きっとあなた自身のせいにしたくないと思います。できるだけ早く母を回復させましょう。」

「ええ、あなたは正しい。今最も重要なことはできるだけ早く心と心を元通りにする方法です!私は心の楽観的な態度で、それがそのようなことのためにどのようにありえたかということを知っています。それは本当にその男がしたことだと思うのは残念です。」

男と女が男から拓真を連れ出したことを知った後、悠人は女に何が起こったのか疑問に思い、彼は悠人の問題に立ち向かうことができず、男は故意にスクワットしなかった。彼女が何を意味したのか、それで私は男拓真で何が起こったのかについて直接悠人に話しました。悠人は葵と結婚した男については知らなかったが、結局のところ、彼女は基本的にその男を知らなかったが、女の言葉を聞いた後、男の男は嫌いだった。極端に上昇する!文でも男を倒すのを待つことができません!
「さて、お母さん、私の母はもうすぐ起きなければなりません。あなたは彼女と付き合いたいですか?」

花嫁の母親を見て言った。それどころか、彼女が時々不合理な行動をしたとき、彼女は悠人によって質問されるでしょう。あなたが彼女に悠人に悠人の外観を見るように頼ませるならば、私はそれが無言になることを恐れています!
「しかし、母親は私を認識した。もちろん、彼女は私を実際には認識しなかったが、もう一度あなたを私とみなしました!だから今、医者は私達があなたに電話することを提案しています。特別な反応はありますか、多分それは彼らが彼らの母親を治療するのを助けるでしょう!」

結局のところ、葵に関連したことのある人はそれほど多くはありませんが、男を除いて、それは悠人です、そして悠人は明らかに葵の反応を最も強くすることができるものです。人々は、それが本当に医者の治療を助けることができるのであれば、そして私は悠人だけが怖いです!幸いなことに、悠人と拓真は両方とも女性ですが、そうでなければ、女は自宅に一人で残っていた彼女の父親が確かに悠人にそうすることを許さないと感じるでしょう!
女の言葉では、悠人の目に涙が現れ始め、人全体が興奮しました。
「お母さん、パニックにならない、お母さん、彼女は今とても安定しています、医者でさえ母親の体調は今良くなっていると言います!」

女は悠人がシンプルで健康な体調を心配していると思い、すぐに悠人の快適さを保持しました。寧結婚相手は最初に首を横に振った、
「私はこれについて心配していません。私の心には少し不快に思うだけです。私も少し自責の念です。私の家族に関連するものをすべて切り離していたのではありませんでした。」
この自己責任、悠人は私が葵の現在の状況を知って以来ずっと持っていました、そして、女の言葉を聞いた後に、私の心の中の自己責任は極端に上昇しました。


花嫁の母親を見て言った。 夫婦と協力するプロジェクトは 花嫁の母親を見て言った。

花嫁の母親を見て言った。

ここに来るために


女は、悠人の注目を変えないと、悠人が男に対する言葉の暴力を継続して実行することを恐れていることを知っています。私は初めに今回は無駄にしました、そして今度は、葵と一緒に行った方がいいです。その上、結婚相手の.結婚相手はすでに準備ができていて、そして今、彼らは葵の生活の中でのさまざまな反応に従って葵の心のための治療計画を調整しようとしているのでその時の反応は彼らにとって非常に重要です。

さて、心を見に行こう!
女に思い出されて、悠人は本当にスカムマンの世話をするのをやめて、そしてすぐに女を取って、そして女と共に単純な心を見に行きたかったです。女が悠人を初めて手にしたとき、葵の心はまだ目覚めていませんでしたが、悠人はあまり気にしていなかったので、葵のベッドの前に座って明らかに葵を待っていました。心の目が覚めています。しかし、葵は悠人を長い間待たせず、長い時間をかけてゆっくりと目を開け、一人で2人がベッドの前に座っているのを見ました。

女は葵を神経質に見ていましたが、結局のところ、これまでは誰かが単純な心に現れるたびに、頭がおかしくなるのを避けられませんでしたが、今回は単純でした。最初の病気の後、私は初めて悠人に会いました、そして私はジェーンがどんな種類の反応であるかについて知りませんでした。視線の単純な中心は、最初に女を見て、次に悠人を見て、そして次にこのように女の体に向きを変えました、しかし、目は2で循環していました、しかしまた直接話しませんでしたしかし、発症の傾向はありませんが、それはさんのために少し簡単です。ジェーンの心が寧波に怒っていない限り、それは良いことです、そうではありません!ジェーンとハートが認識されるかどうかに関しては、もしそれが認識されているならば、それは後になってしか言えない。


お母さん
女は悠人のアイデンティティを拓真に紹介しようとしていましたが、話す時間がなかった場合、彼は単純な心にさえぎられ、拓真の言葉は女と結婚相手のにも任せました二人とも最初はびっくりしました。
「なぜ、2つの小さな始まりがあります!」


ジェーンの心の状態
「どうやって、2つの小さな始まりがあります!」
葵は悠人を見て、女を見ましたが、最後に目を向けてこの文章を言いました。ジェーンの心の言葉は、女と悠人を最初に破滅させるだけでなく、部屋に入ったばかりの男さえも、その人全員を驚かせています。ジェーンの言葉はどういう意味ですか?彼女は悠人を認識していますか?

 

実際のところ

しかし、彼女の意見では、悠人と女はその年彼女に同伴した小さな一人のようなものです、それで今奇妙です、なぜ2つの小さな始まりがありますか?
「お母さん、私は悠真です、彼女は悠真です!」
この機会を利用して、女はすぐに前進して微笑んで悠人のアイデンティティを葵に紹介し、同時に彼は女のアイデンティティに戻るように依頼しました。簡単なことではありません。
24歳は誰?
葵は女、疑いの目を見て、次に悠人を見た、
「あなたは彼女が若い男の子だと言ったが、彼女が悠真よりずっと年上であることをどのように感じますか、それはそれがとても似ていますが!」

葵は言った、しかしまた彼の口を上げた、それは今すべてのもののためのちょっと煩わしさのように思われる、しかしそれは非常に幸運なことである。それは少し複雑に思えます、彼女は手に負えなくなっていませんでした、しかしそれは皆に少し満足しています。
同時に、私が喜んだこと、そしていつもこの部屋の状況を観察していた医者たちが、ジェーンの心の安定性を見たとき、彼ら全員がうなずき、顔の表情がリラックスして見えました。いくつかのポイント悠人は葵が彼より年上で、顔が無力であると言って見ていました。それは、シンプルでエレガントな記憶が20年以上も前から続いているようです。あのね、彼女との戦いはまだ少し盛り上がったようなので、おそらく長年の経験があれば、このように彼女の記憶障害を起こすことになるでしょう。葵が男を認識できないのは当然のことですが、拓真のことを思い出して、私が息子を産んだことを私は知らないのです!

「心、私は若い男の子です。私を覚えていませんか。私たちは何年もあなたに会っていません、すみません、私は何年もあなたと一緒にいませんでした!」
悠人は葵の心を詐欺することを望みませんでした、さらに、医者は既にそれを言っていましたが、今や葵の心に問題の真実を知らせることは可能であるはずです。!明らかに、悠人の言葉は葵の心の中心を非常に驚かせました!悠真は実際に彼らが何年もの間それを見たことがないと言いました、どうすればそれは可能です!彼らは何年もの間分離されてきましたか?
しかし、私の心にそのような疑いがあっても、私の心に涙が出たときの悠人の初期の目の前では、私は心に耐え難いものをたくさん感じました。涙マーク
「泣かないで、小さな冒頭で泣かないで。泣いているときには見えにくいよ」


拓真の言葉と彼女の反応が悠人の最初のため息をついたが、その後彼女はさらに悲しく泣いた。この時だけ、悠人の心は触れられました、そして、愛梨はまだ彼女を覚えていました、そして、彼女はまだ今まで彼女を覚えていました!
「お母さん、泣かないで、今はいいことじゃない!」
女はまた、2人の母親の外観を見て、悠人を慰め始めました、女の心も非常に快適です、しかし悠人がこのように泣いていたならば、葵が怖いなら彼女はまだ少し心配です、私は何ができますか?
「はい、私は泣かない、私は泣かない、私の心は優雅です!」
悠人はすぐに泣き止み、葵が笑うのを見たが、彼の手は葵と一緒にしっかりと握られ、そして彼の目は葵に固定された。

結婚しますそれはどういう意味ですか?

結婚相手が話し終わった後も、彼は心の中でため息をついていましたが、その間、男と女が葵の心と心臓に重点を置いていること、そしてその間は単純な心臓病になることができました。それを準備してください。彼の立場では、もちろん、私はジェーンが完全に健康を回復することができることを望みます、しかし彼は結局医者です、そして、彼が言ったことはそれに基づいていなければなりません!徐がこれを言った後、彼は去りました、そして、滞在した男と女は沈黙に陥りました。煜辰、心配しないで、私は、母親が最後にメモリを回復できなくても、母親が良くなると信じています。回復できさえすれば問題ありません。
彼女が覚えていないこと、私たちは将来の人生において、私たちは彼女のためにより良い記憶を創り出すであろう、とゆっくりと彼女に言いましょう、大丈夫!

女は、男の心はとても悲しいことであることを知っていますが、悠人がそのようなことに遭遇した場合、彼女のパフォーマンスは男ほど良くはありません!そして彼女が今できること、彼女はできる限り男にとどまり、男を落ち着かせることしかできません。


婚約者の結衣の考えは死んでいなければなりません。拓真と悠人の外観を見て、女は微笑んで男の側に向かって歩き、男にうなずいた後、2人の人々が部屋を離れて悠人に向かってここを離れました。そして葵。彼らは、彼らが冒頭にいるのであれば、彼らがジェーンとハートの世話をし、それらを一緒にさせてくれるだろうと信じています。葵の心の部屋を出た後、男と女は直接結婚相手の博士に行き、結婚相手の博士が悠人と拓真の前でインタラクションを見た直後、彼は男と女も探していました。ちょっと二人。
「寧さんの妻の健康状態に対する支援は、予想よりも優れているようです。次の期間には、妻の状況は大幅に改善されると思います。」

医者にとって、そして医学に夢中になっている医者にとって、結局のところ、彼の患者の状態以上に刺激的なものは何もありません。
「結婚相手の先生、私の母の記憶は何年も前に残っているようです。私の母の記憶が回復できるかどうかはわかりません」

男は拓真の状況がだんだん良くなっていることを知った後、彼の顔に浮かぶ雲は次第に消えていきました、しかし彼がそのような単純な心を見たとき、彼の心はまだ男の言葉について疑問を抱いていた私はまた、葵の記憶の中の悠人がまだ何年も前に存在しているように見えることを発見しました。これは葵の記憶がまだ何年も前に残るはずであることを意味します。記憶力が足りないと、それが誰であっても後悔することがあります。男の質問、結婚相手の博士も眉を上げてこの問題について考え始めました。
「この質問には、まだ妻の状況を観察して観察することが必要です。しかし、あなたは精神的に準備しなければなりません。結局のところ、妻の現在の状況は回復できない可能性があるということです!」


婚約者の結衣の考えは死んでいなければなりません。 婚約者の結衣の考えは死んでいなければなりません。 結婚相手はドアを見始めてうなずいた