男は誰もこの世界の誰かを賞賛することはめったにありません。

彼らは自分たちの強い圧力の下で

男、そのような人、それはどのようにカジュアルな女性がそれにふさわしいことができるということです、そして、彼らが本当に上司を持っているならば、彼らはすでにそれを発表していなければなりません。このニュースを言ったので、この女性は無差別に言われなければなりません!ええ!私はフロントデスクの姉妹が咲希がちょうどそれを覚えていたと言っているのを聞きました。そうでなければ、これはどうやって最後に起こったのでしょう。このように考えると、咲希の表情は恥ずかしい表現をいくつか示しましたが、女がフロントでこれを言っていることを知っていたとしても、彼女を責めるべきではありません。

フロントデスクの姉妹は、咲希の顔があまりにも早く変化したことに気づきました、そして、それは彼女の推測が正しかったことがさらに確実でした。ああ、それは本当に信頼に値しない人です!仮装して見栄えがよくても、みんなのお金がどのようなものであるかのように見えます。他の人にどのように誠実に対応できますか。
「姉、あなたの会社に女という名前があることをご存知ですか?」
とにかく、何か間違ったことを言ったとしても、彼女は上がって女を探すつもりです、とにかく、とにかく、このフロントの女の子の外観を見て、なにも気にしてはいけない目的は、上がって女を探すことです。フロントデスクの女の子がうなずいた、
うん

結婚相手の陽翔はフロントデスクですが従業員が非常に多いのですが、必ずしも誰もが知っているわけではありません。しかし、女の特別な事件は男のアシスタントとして大統領府に昇進したので、翼グループ全体が女という名前の同僚を持っていることを知らないのではないかと心配です。
「そうです、あなたは彼女に電話をして、私が彼女を探していると言います、ああ、はい、私の名前は咲希です、どうぞ、どうぞ!」
フロントの姉妹ができるだけ早く彼女の言ったことを実行できるようにするために、咲希はフロントの姉妹にもとても優しく微笑んだが、彼女は意図的に彼女がどんな陰謀も持っていなかったことを恐れていた。まったく効果はありませんが、咲希が女の名前を伝えて現在の外観を確認できることはわかりますが、それを直接確認することは考えていません。電話でも、問題ないはずです。
婚約者の結衣で女を脅しただけでなく今彼女を圧迫するために

止めることを考えていませんでした!

フロントの姉妹はこれについて考えて、そして次に何度か咲希を見て、そして彼女が咲希が彼女をまぶしく見るのを恐れているかのように歩いてそして咲希の状況に注意を払いながらゆっくりと彼女の仕事の位置に向かって歩いた。一般的には注意してください。咲希が実際には何もしないことが決定されるまで、フロントデスクの女の子は彼女の席に戻って電話をかけ始めました。
咲希は微笑んで電話でフロントの女の子が言っていることを見ていました、そして彼女がまだ彼女を顔の方向から見ている間、彼女の顔の表情は変わっていました。私は陳の兄弟がある場所からとてもかわいいのかどうか知りません!フロントデスクの電話はあまり長くは過ぎなかったので、結局、彼女は女に咲希が本当に来たかどうかを確認するだけでよくなりました。その後、フロントデスクの女の子が咲希に戻り、咲希を数回見たところ、非常に消極的な外観のようでした。

「それでは、上がって、覚えておいて、走り回ってはいけない、彼女がオフィスであなたを待ってくれるだろう、と女さんは言った!」
女が男のアシスタントになったので、会社の人々は彼女が自分の名前を女に変更すると述べましたが、結局、女は一時的に結愛の役職を引き継ぐだけですが、その頃女の作品が男に支持されたというありそうもない出来事では、それは有望な未来ではないでしょうか?そのような人々は、彼らは自分自身をお世辞にすることができます、彼らは気分を害してはいけません!

「さて、姉、ありがとう!はい、あなたはとてもかわいいです!」
フロントで姉妹の話を聞いた後、咲希はついに安堵のため息をついた、そして彼がエレベーターに向かって歩いていると、彼はこの素敵なフロントの女の子を自慢することを忘れなかった。
フロントガールの賛美者は、まるでおびえているかのように唐子子を見ていましたが、唐子子の言葉から長い間回復していませんでしたが、唐子子の姿がエレベーターの中に消えるまでゆっくりと戻りました。神がやってくる、そして彼女のほおは少し赤い。彼女は実際に自慢していました、しかし、彼女は彼女が彼女を少し狂ったように感じさせたという女性が賞賛されたという感覚が好きではないと突然感じました。お母さん、彼女はただ一生懸命働きたいです!これが原因ではない、それは奇妙な奇妙な人々を引き付けるでしょう!私の心の中で恐怖は、これはすぐに今起こったことをすぐに忘れることができるかのように、もはやフロントの姉妹はすぐに彼の仕事の位置に戻って、エレベーター側を見てみましょう!

彼は女に向きを変えました。

咲希はフロントの姉妹に別れを告げた後、大統領府のある階に直接エレベーターで行きましたが、結局、前回から一度も行ったことがありますが、今回はエレベーターのドアを開けてからエレベーターの中を歩きます。私が出たとき、私は3人の衝撃的な注意を受け入れました!駿はもともと女が以前に説明した仕事をしていましたが、エレベーターのドアが突然開くことを期待していなかったので、男と女の両方がオフィスにいることは明らかです。少ない、誰がやってくるのだろうか?

しかし、唐結衣であることを思い付いた人を見た後、3人全員は落ち着いておらず、すぐに座席から立ち上がった。
「どうやってやってきますか。だれがあなたをやらせますか」
私が最初に言ったのは、咲希が話していたこと、婚約者の結婚相手の、婚約者の結婚相手が咲希の視線を見ていて少し戸惑ったことでした。フロントデスクの横に人がいますが、どうやって人を入れてもいいのですか。フロントはそんなに勇気があってはいけません!


なぜ、行きたくないの?
私は来ています!
咲希は微笑んで彼女の目の前に立っている3人の人々を見ました彼女はちょうど彼らの3人のうちの彼女の気持ちの良い表情が傲慢で傲慢だと言って、彼らは彼女に対して警戒しているようでした。

「あなたはここにさりげなくここに来る場所ではないはずです。最後のレッスンでは十分ではありませんか。」
駿は本当にこの女性がそうすることができるとは思わなかった、明らかに最後に男がとても明白であった時、明らかに、彼女は直接人々に連れ去られた!
「ああ、私はあなたが誤解したと思います、私はあなたに会いに来ていません!」

「私はもっと少なく見たくありません、それからあなたはここで何をしていますか!」

駿は顔でいっぱいです、私はたくさん読みます、あなたは私の表現に嘘をつきたくありません。
あれ、探している
咲希の言葉は一般的なもので、要点はまだ話されていなかったので、男の事務所のドアは内側から開かれていると聞き、男がそれらを見ているのを見ました。


婚約者の結衣で女を脅しただけでなく今彼女を圧迫するために 男は誰もこの世界の誰かを賞賛することはめったにありません。 婚約者の拓真を見ましたしかし