英語を使うことになりますので

カナダであれば、バンクーバーやトロントなら十分チャンスがあるでしょう。オタワやサスカチュワンでは全く売れません。カナダに住んでいたとき感じたのですが、ターゲットがはっきりしている商売ほど現地では儲かっていました。狭く定めるからこそ数は少なくても、、そこでしか買えない!、ということで受け入れられやすいです。いろいろな人種·文化が多いからこそ、不特定多数を狙った商売は絶対に成り立ちません。

  • カナダとは言え
  • カナダ政府だと
  • 日本よりはずっと

カナダでの生活ではすべての経験が

狙いを日本はカナダと違って単·民族国家です。もちろん人によって趣味·嗜好は多少違いますが、そこまで人間に大きな違いはありません。しかし、カナダのような多国籍国家では、求められるものが人によってかなり大きく異なります。ゆえに全員に受け入れられる商売は不可能です。協力者お客さんだけでなく、言語·経済状況·ビジネストレンドなどの違いにも対応していく必要があります。

サンドイッチ
サンドイッチ

カナダには戻る予定は無いという

能力がずば抜けているからではありません。とは限りません。日本の会社ではダメダメだったけど、カナダに行ったら意外にも活躍でき日本の会社と海外の会社では求められる能力が大きく違います。ゆえにた人は実際たくさんいますし、その逆のパターンもあるでしょう。日本で活躍できない人間は海外でもダメだ、僕は帰国後に起業しました。色々な人たちと働かせていただく機会がありますが、日本人は優秀だよなぁ~、と日々感じています。

ゆっくりでもクリアな

カナダで働く人たちの方がずば抜けて能力が高いとは決して思いません。海外で働きたい人が考えるべきは、、その国の方が自分は能力を発揮できるか?、です。自分は能力が高いか?低いか?、ではありません。やりたい仕事に就くことは不可能?、カナダに行ってできる仕事って言ったら、ジャパレスとかしかないでしょ?、と思っている人も多いです。そんなことは決してありません。例えば、美容師·ウェブデザイナー·ヨガインストラクター·プログラマー·留学カウンセラー·保育士などなど、様々な職種に就いている日本人がカナダにはいました。

カナダへ渡航するブランを考えましょう

その時の答えが、、みんなの集まれる場所を作りたかったから。50かなだの原点はこのあたりにあるのだろう。それは、長い海外生活とバンクーバーで過ごした自らの経験がそうさせているのかもしれない。新たな企画として、今年の10月には熱海で同窓会を行うとのこと、創立12周年になるちびかなだ、、その後、みんなはどうしているのか?、が気になるのか。そこには、留学エージェントというひとくくりに。

長い海外生活と
長い海外生活と

すごく独特です

ESL「LSI」学校の選び方について。バンクーバーにESLは数多くあり、自ら選定することは難しい。私の場合、留学エージェントのちびかなだに依頼し、自分の希望を詳細に伝え、2校ほどに絞り、その中からLSIを選択した。LS1にもトライアル「おためし」という方法で生徒が見学に来るが、あまり意味がないような気がする。2時間程度の授業を受けても、その学校が自分に合っているか理解するのは困難だと思う。私が通ったESL「LSI」は少人数でフレンドリーな学校である。